公認会計士は安定性も将来性も抜群なのかどうかを調査してみました

公認会計士になりたいという方においては、その業務などについての魅力を感じている方も多いかと思います。幅広い業務内容がありますが、ここでは公認会計士の魅力という点について考えていきたいと思います。その中でも今回は「安定性」という部分に着目してみましょう。

公認会計士は安定性も将来性も抜群なのかどうかを調査してみました

■将来性がある仕事
独占業務である監査業務は、言わずとも知れた公認会計士の主要業務の1つです。これは、日本市場の発展を担うものといっても過言ではないでしょう。また、必要不可欠な業務ともいえるのです。また、会計においても、企業などの規模や職種にとらわれることなく「必ず必要」となるスキルなのです。

援用※公認会計士試験に合格したいなら東京CPA会計学院 https://cpa-net.jp/

このことでお分かりのように、そのフィールドは幅広いものとなっています。だからこそ、将来性があるといえるのです。

■ニーズの高さから安定性が生まれる
先の説明の通り、公認会計士だからこそ携わることが可能な業務というものが存在しています。その他の業務においても、企業が発展していき信頼性を保つためには必要なものとなっています。ですから、社会的に求められることが高いという見方もできるのです。

社会的なニーズが高くなれば、それだけ公認会計士という仕事に安定性が生まれるといっても良いのではないでしょうか。

■取り巻く時代環境について
企業がグローバル化を進める現在においては、日本でも国際財務報告基準を導入しました。また、上場企業に対する内部統制監査の義務化もなされています。このことから、取り巻く時代環境やその背景を見ても将来的にまだまだ「のびしろ」があることが見えてくるかと思います。

■会計士の需要度の高さは抜群
このように、長い目で見たときにおいても安定性や将来性というものがありますので仕事に対する「やりがい」を見出していただきやすいでしょう。

◆公認会計士という職種は社会的地位を感じやすいといえます
地道な作業も必要で、場合によっては体力的な部分も求められるのが公認会計士です。華やかな側面ばかりではありませんが、やはり魅力の1つとして「社会的な地位」を感じる方もまた多いのではないでしょうか。今回は、そんな地位という部分から公認会計士の魅力を見ていきましょう。

■国家資格としての位置づけ
公認会計士は国家資格が必要となります。国家資格といってもさまざまな種類があるかと思いますが、医師や弁護士と並ぶともいわれる「三大国家資格」なのです。医師が医療のプロ・弁護士が法律のプロならば、公認会計士は会計のプロということができるでしょう。

■多岐にわたる活躍が期待される
プロとしての業務内容は監査や財務、経理から税務まで幅広いものとなっており、それぞれに対するニーズも高いのです。特に、監査業務は公認会計士のみに許された業務となつていることから、その地位は比較的に高いとも考えることが出来るでしょう。

「その人だからこそ出来ること」がある強みというものを公認会計士は持っているわけです。

■公認会計士としての仕事ばかりではない
また、公認会計士の場合、資格を取得した後に登録を行うことによって税理士・行政書士としての業務に携わることも可能なのです。これは更なる地位向上の立役者ともなってくれているのです。企業ばかりではなく個人とも向き合える職種ということから、認知度としても高いものといえるのではないでしょうか。

■業務と地位のバランスが良い
幅広い業務を行えるという事は、それなりの忙しさというものも生じるものです。だからこそ、その業務に見合った地位が与えられているとも受け取ることが出来るでしょう。公認会計士だからこそのプライドを持って仕事をされている方もたくさんいらっしゃるのはこうした背景もあるのではないでしょうか。