人生の選択肢が増える職種である公認会計士の魅力について語っていきます

公認会計士の魅力の1つに「ブランクを感じずに仕事に戻れる」というものがあります。環境や状況によっては、一時期職場を離れるという事も出てくるでしょう。そして、復職をなどと希望した時にも公認会計士は戻りやすいという魅力があるのです。

■専門性が高いことも要因につながっている
公認会計士だからこそ携われる業務もあり、またその他の業務も幅広い専門性の高い職種だということができます。それが要因となり、仮にブランクができても職場復帰しやすい環境が用意されているのです。ですから、長く努められる職種を選びたいという方にはぴったりの環境とも言い換えることが出来るでしょう。

■両立という問題について
環境が変われば、時として家事と仕事の両立などという事について頭を悩ませることも出てくるかもしれません。以前においてこれは女性の問題として捉えられていましたが、今では男性においても同様のことが言えるケースも増えてきたのです。公認会計士の場合、両立というのも実現しやすいと言われているのです。

さまざまなスタイルがありますから、例えば独立をして自宅兼事務所を構えることも可能なのです。こうすることによつて、より生活にマッチさせた環境を作ることができるわけです。

■選択肢が増える
こうした背景があるということは、人生の選択肢・職ペースの選択肢が増えることにもつながります。だからこそ、「一生続けていける仕事」と言われているのでしょう。

■平等な活躍ができる
男女差別をされることも休職経験などの格差もなく仕事に就くことが出来るというのは大きな特徴でありメリットともいえるでしょう。将来を見据えたときに公認会計士は良い職種であり選択肢であるともいえるのではないでしょうか。